疲れと勃起とバリフ
気まずそうな男女

疲れで勃起不全になった際はバリフで改善しましょう。

放射線科治療による勃起不全はバリフで改善

病院の検査機器

残念なことに前立腺の治療を行う必要性が出てくる男性もいます。命に関わる問題になりますので、積極的な治療を受けることも大切ですが、前立腺の手術を受けることで勃起神経が損傷され、EDになる可能性もあります。手術の技術が進歩していますが、残念なことに完璧に性機能を守るということができないのが現状です。

また手術後、がん細胞を消し去るために放射線科で治療を受ける患者さんもいます。放射線を当てることで神経が損傷し、EDになる可能性があります。何度も当てることにより、勃起不全になるリスクが高まると言われ、前立腺の治療そのものに勃起不全のリスクがあることになるでしょう。

しかし勃起不全になったとしても、改善することができます。改善方法としては、勃起不全の改善薬であるED治療薬の服用や、陰茎に注射して勃起を施す方法、また補助器具等があります。たとえEDになったとしても、いろんな選択肢で性機能障害と向き合うことができますので、まずは命の問題を解決することが先決です。

前立腺の病でEDになったとしても、残念なことにED治療は保険がききません。患者さんにとっては理不尽な状況になりますが、性機能障害の治療は保険適用外になりますので、その点は知っておくようにしておきましょう。それでもまだ改善策はあります。保険適用外であれば、安くED治療薬を購入する方法になります。

それは個人輸入代行業者といって、海外の医薬品を輸入という形で取り寄せる方法です。またED治療薬にも後発医薬品であるジェネリック薬品もあり、バリフも低価格のED治療薬になります。ジェネリック薬品は医療費を抑えることができますが、まず服用する場合は主治医の許可を得てから服用し、個人輸入代行業者を利用するのが良いでしょう。